株式会社きっとすきは杵築の豊かな海の幸・山の幸を全国にお届けする地域密着型商社です。

メニュー

杵築の生産品

杵築手ぬぐい

工芸品森美

きつき手ぬぐい「酢屋の坂」は江戸時代には「武士と商人」そして「過去と現在」をつなぐ杵築の坂を題材にした手ぬぐいです。
伝統的な染めの工法「手捺染(てなっせん)」で職人が一枚一枚手作業で染め抜いています。「手(て)捺染(なっせん)」は古来、京都の友禅染が有名な技法です。「捺染(なせん)」とは、染料を混ぜた糊を使って生地に模様を施す技法で、絹紗で裏打ちした型紙を使って,板張りした生地に竹べらで染料をなでつけるように染めていきます。染料自体が防染の役割を果たしており、染料がにじむことなく、細かい柄を表現することが可能です。洗うたびに手に馴染み、自然な色落ちも楽しめる手ぬぐいです。 
サイズは幅35cm×長さ100cmと一般的な手ぬぐい(90cm)よりも長めにつくられており、剣道の鉢巻きとしてもご利用いただけます。また、タペストリーや暖簾(のれん)など、インテリアのアクセントとしてもご利用ください。
サイズ 幅35cm×長さ100cm
※一般的な手ぬぐい(90cm)よりも長め
希望小売価格 1,700円(税別)

「森美」の商品一覧

杵築手ぬぐい
杵築手ぬぐい
伝統的な染めの工法「手捺染(てなっせん)」で職人が一枚一枚手作業で染め抜いています。「手…